Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Tutorial  >  trystatement
try文

この章の目的。

try文について学びます。

例外の捕捉。

try文は、例外によって実行の流れを分岐するための文です。

try文は、以下の形式です。


try

文...

catch

文...

endtry


tryセクションの中で例外が発生した場合、次のように動作します。

catchセクションがあれば、catchセクションの中の最初の文に実行制御が移動します。

catchセクションが無ければ、endtryキーワードの次の文に実行制御が移動します。

tryセクションの中で例外が発生しなかった場合、catchセクションはスキップされ、endtryキーワードの次の文に実行制御が移動します。

try文はendtryキーワードで終了しなければなりません。catchセクションは任意です。

tryキーワード

この文が、try文である事を示すキーワードです。

try文の終了。

try文の終了は、endtryキーワードで表します。

tryセクション

tryセクションは、try文の最初のセクションです。その範囲は同じ文の次のキーワード(catch, endtry)までです。

tryセクションは、以下の形式です。


try

文...


tryセクションの中で例外がスローされた場合、catchセクションがあれば、実行制御がcatchキーワードの次の文に移動します。そうでなければ、実行制御が、endtryキーワードの次の文に移動します。

実行制御が同じ文の次のキーワード(catch, endtry)に到達したときは、実行制御が、endtryキーワードの次の文に移動します。

tryセクショは、try文の先頭に一つだけである必要があります。

tryキーワード

このセクションが、tryセクションであることを示すキーワードです。

try文であることと、tryセクションであることを同時に表しています。

スコープ

tryセクションは、スコープを生成します。セクション内で宣言された変数は、セクション内だけで参照可能です。

catchセクション

catchセクションは、try文の最後にあるセクションです。その範囲はendtryキーワードの前までです。

catchセクションは、以下の形式です。


catch

文...


tryセクションの中で例外がスローされた場合、セクション内の文が無条件で実行されます。

実行制御が同じ文のendtryキーワードに到達したときは、実行制御が、endtryキーワードの次の文に移動します。

catchセクションは任意です。ただし、一つしか存在できません。

スコープ

catchセクションは、スコープを生成します。セクション内で宣言された変数は、セクション内だけで参照可能です。

予約変数。

実行制御がcatchキーワードに到達すると、スコープが生成され、予約変数__errorが自動的に定義されます。

__errorは、errorクラスの変数であり、try文が補足した例外を表しています。

Copyright © Rice All rights reserved.