Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Tutorial  >  sampleprogram
サンプルプログラム

この章の目的。

この章では、チュートリアルで使用するサンプルプログラムの概要を説明します。

サンプルプログラムのダウンロード。

サンプルは、7z形式の自己展開書庫として配布されます。ダウンロードされた tutorial_sample.exe を実行することで、必要なファイルが展開されます。

サンプルプログラム

最初に、サンプルプログラムを実行した結果を示します。

図 1 : サンプルプログラムを実行した結果。

このプログラムは、中心座標を指定して円を描画し、その円を動かすプログラムです。チュートリアルに相応しく、非常に単純なプログラムです。

ウインドウの左側がユーザーインターフェース。右側の黒い部分が、表示領域になります。

非常に簡単なプログラムですので、使用法等の説明は省略します。

サンプルプログラムを構成するファイル

sample.zipを解凍すると、以下の六つのファイルが生成されます。

1: Sample.cook

2: Circle.88

3: html.txt

4: css.txt

5: js.txt


Sample.cookは、このサンプルプログラムのエントリポイントとなるRiceソースファイルです。mainクラスの定義を含んでいます。エントリポイントとなるファイルは、Cookerから呼び出すために、.cook拡張子を持つ必要があります。

Circle.88は、Circleクラスの定義ファイルです。このファイルは、Cookerから直接呼び出されないので、任意の拡張子が許されます。ここでは、.88拡張子を使用しています。

html.txt, css.txt, js.txtは、ユーザーインターフェースを作成するためのファイルです。


次以降の章で、Sample.cookとCircle.88の内容を参照しながら、Rice言語について説明していきます。

Copyright © Rice All rights reserved.