Home News DOC Class DL Others Cooker
Documents  >  Tutorial  >  参照
参照

識別子によるインスタンスへのアクセスである参照について説明します。


目次:


識別子

優先順位

隠蔽

アドレス

識別子

識別子とはプログラムに導入された名前です。宣言や定義されることでインスタンスと対応しています。


int i = 5;

int j = 5;

int k = i + j + 10;


上記の i、j、k が識別子です。定義文で値(インスタンス)との対応が決定されています。

セッタゲッタの呼び出しも参照と同じ記法で利用できる場合があります。セッタやゲッタのインスタンスとの対応は単純な識別子による参照とは異なりますが、ここでは便宜上同一のものとして扱います。


以上より、識別子でアクセスできるのは以下の四つとなります。


変数

フィールド

セッタ

ゲッタ

優先順位

識別子によるインスタンスの探索は次の順序で行われます。これが、参照の優先順位となります。


変数

フィールド

セッタとゲッタ


更に、変数は内部のスコープから外側のスコープの順序で探索されます。

隠蔽

同じ識別子に対応付けされたインスタンスが存在する場合があります。この場合、一番高い優先順位を持つインスタンスが返されます。


識別子の衝突は優先度の低いインスタンスを隠蔽します。優先順位を変更するための特別な記法は存在しないので、そのようなインスタンスにアクセスすることはできません。

アドレス

参照がインスタンスを返す場合、インスタンスそのものは返りません。インスタンスが確保されたメモリのアドレスが返されます。

Copyright © Rice All rights reserved.