Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Tutorial  >  literals
リテラル

この章の目的。

文を構成する要素である、リテラルについて学びます。

定数値。

リテラルとは、コード上に直に記述される定数です。

例えば。


int i = 10;

string s = "literal";


上記の例の右辺の様に、直に値が記述されます。


Riceのリテラルは、以下の五種類です。

intリテラル。

longリテラル。

realリテラル。

stringリテラル。

boolリテラル。

リテラルは、インスタンスを返すので、リテラルを経由してメンバを呼び出すことが出来ます。

例えば。


int length = "ggggg".Length;


上記の右辺は、文字列の長さ、5を返します。

intリテラル。

intリテラルは、正の整数を直接コードに記述した値です。

その範囲は、0からintクラスの最大値(2,147,483,647)までです。

負数のリテラルは、ありません。負数が必要ならば、リテラルに単項マイナス演算子を使用してください。

intリテラルが、上記の範囲を越えている場合は、例外がスローされます。

intリテラルは、以下の形式です。


一文字目がゼロ以外の数字で、その後にゼロ個以上の数字が続く数値。

例えば、

123


上記の数値の後に大文字のIが続いたもの。

例えば、

123I


単独のゼロ。

例えば、

0

次の数字はリテラルではありません。


一文字目がゼロで、その後に1個以上の数字が続く数値。

例えば、

0123

longリテラル。

longリテラルは、正の整数を直接コードに記述した値です。

その範囲は、0からlongクラスの最大値(9,223,372,036,854,775,807)までです。

負数のリテラルは、ありません。負数が必要ならば、リテラルに単項マイナス演算子を使用してください。

longリテラルが、上記の範囲を越えている場合は、例外がスローされます。

longリテラルは、以下の形式です。


一文字目がゼロ以外の数字で、その後にゼロ個以上の数字が続き、最後に大文字のLが続いたもの。

例えば、

123L


単独のゼロに、大文字のLが続いたもの。

例えば、

0L

realリテラル。

realリテラルは、正の実数を直接コードに記述した値です。

その範囲は、おおよそ+5.0e−324 ~ +1.7e308です。

負数のリテラルは、ありません。負数が必要ならば、リテラルに単項マイナス演算子を使用してください。

realリテラルが、上記の最大値を越えている場合は、正の無限大として評価されます。最小値より小さい場合は、0と評価されます。

realリテラルは、以下の形式です。


一文字目がゼロ以外の数字で、その後にゼロ個以上の数字、その後にドット、その後に一個以上の数字が続く数値。

例えば、

123.005


一文字目がゼロで、その後にドット、その後に一個以上の数字が続く数値。

例えば、

0.005


一文字目がドットで、その後に一個以上の数字が続く数値。

例えば、

.005

realリテラルでゼロは、0.0と表記します。

stringリテラル。

stringリテラルは、二重引用符で囲まれた二重引用符以外の文字を繰り返す文字列です。

例えば、

"Other than double quotes"

boolリテラル。

boolリテラルは、真偽値を直接コードに記述した値です。boolリテラルを表現するために、キーワードtrueとfalseを使います。

例えば、

true

false

Copyright © Rice All rights reserved.