Home News DOC Class DL Others Cooker
Documents  >  Tutorial  >  インクリメント文
インクリメント文

インスタンスの値を操作するインクリメント文について説明します。


目次:


書式

++

セミコロン

書式

インクリメント文は以下の形式です。


式 ++ ;


単独の式に後置++演算子が続きセミコロンで終わる文です。

式の返すインスタンスの値を 1 加算します。

操作されるインスタンスを返す式です。


返されるインスタンスは、int、long、real クラスでなければなりません。

++

後置++演算子です。インクリメント文であることを示します。

セミコロン

インクリメント文の終了はセミコロンで表します。

1:

class example

2:

int var1;

3:

open method void someMethod()

4:

var1 = 10;

5:

var1++; // var1 is 11.

6:

em

7:

ec

Copyright © Rice All rights reserved.