Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Tutorial  >  ifstatement
if文

この章の目的。

if文について学びます。

条件分岐文。

if文は、条件によって実行制御を分岐するための文です。

if文は、以下の形式です。


if ( 条件式 )

文...

elseif ( 条件式 )

文...

else

文...

endif


条件式は、boolクラスのインスタンスを返す式でなければなりません。

if文は、条件式がtrueと評価される最初のセクションの先頭に実行制御を移動します。全ての条件式がfalseでelseセクションがあれば、elseセクションの先頭に実行制御が移動します。

実行制御が次のelseifキーワードかelseキーワードに達した場合、実行制御はendifキーワードの次の文に移動します。

if文はendifで終了しなければなりません。elseifセクションとelseセクションは任意です。elseifセクションは、if文内に任意の数だけ存在できます。elseセクショは、if文内に一つだけ存在できます。

キーワード if

この文が、if文である事を示すキーワードです。

if文の終了。

if文の終了は、キーワードendifで表します。

ifセクション

ifセクションは、if文の最初のセクションです。その範囲は同じ文の次のキーワード(elseif, else, endif)までです。

ifセクションは、以下の形式です。


if ( 条件式 )

文...


ifセクションの条件式がtrueと評価された場合、実行制御が条件式の次の文に移動し、セクション内の文が実行されます。

実行制御が同じ文の次のキーワード(elseif, else, endif)に到達したときは、実行制御が、endifキーワードの次の文に移動します。

ifセクショは、if文の先頭に一つだけである必要があります。

キーワード if

このセクションが、ifセクションであることを示すキーワードです。

if文であることと、ifセクションであることを同時に表しています。

条件式。

条件式は、boolクラスのインスタンスを返す式でなければなりません。括弧で囲んで記述します。

条件式がtrueと評価された場合、実行制御が条件式の次の文に移動し、セクション内の文が実行されます。

スコープ

ifセクションは、スコープを生成します。セクション内で宣言された変数は、セクション内だけで参照可能です。

elseifセクション

elseifセクションは、ifセクションの次にあるセクションです。その範囲は次のelseifかelseかendifの前までです。

elseifセクションは、以下の形式です。


elseif ( 条件式 )

文...


elseifセクションの条件式がtrueと評価された場合、実行制御が条件式の次の文に移動し、セクション内の文が実行されます。

実行制御が同じ文の次のキーワード(elseif, else, endif)に到達したときは、実行制御が、endifキーワードの次の文に移動します。

elseifセクションは任意です。if文の中に任意の数だけ存在できます。

条件式。

条件式は、boolクラスのインスタンスを返す式でなければなりません。括弧で囲んで記述します。

条件式がtrueと評価された場合、実行制御が条件式の次の文に移動し、セクション内の文が実行されます。

スコープ

elseifセクションは、スコープを生成します。セクション内で宣言された変数は、セクション内だけで参照可能です。

elseセクション

elseセクションは、if文の最後にあるセクションです。その範囲はendifキーワードの前までです。

elseセクションは、以下の形式です。


else

文...


実行制御がelseセクションに到達した場合、セクション内の文が無条件で実行されます。

実行制御が同じ文のendifキーワードに到達したときは、実行制御が、endifキーワードの次の文に移動します。

elseセクションは任意です。ただし、一つしか存在できません。

スコープ

elseセクションは、スコープを生成します。セクション内で宣言された変数は、セクション内だけで参照可能です。

Copyright © Rice All rights reserved.