Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Tutorial  >  group1
第一群の演算子

この章の目的。

メソッド呼出演算子、new演算子、this演算子について学びます。

第一群の演算子。

第一群の演算子は、以下のとおりです。


()x(y)メソッド呼び出し演算子
newnew int()new演算子
thisthisthis演算子

メソッド呼出演算子

メソッド呼出演算子は、メソッドを呼び出すための演算です。

例として、intクラスのToString()メソッドを呼び出してみましょう。


int i = 10;

string result = i.ToString() + " is 10."; // The result is "10 is 10."


メソッド呼出演算子は、演算子()に先行するメソッド名(識別子)と括弧内の引数から呼出名(シグネチャ)を作成し、適切なメソッドを呼び出します。

上記の例の様に、メソッド名の前にドット演算子がある場合は、ドット演算子の左側の式が返すインスタンスのメソッドを呼び出します。ドット演算子がない場合は、現在のインスタンスのメソッドを呼び出します。


式としてのメソッド呼び出しは、必ずインスタンスを返す必要があります。返り値が無いメソッドを式として呼び出すと例外がスローされます。

new演算子

new演算子は、フィッタで指定されたクラスのインスタンスを取得するための演算です。取得されるインスタンスは、フィッタで初期化されます。

例として、Circleクラス(Circle.88)のインスタンスを取得してみましょう。


Circle cir = new Circle(10); // An instance with 10px radius.


フィッタ名は、クラス名と同じなので、目的のクラスのインスタンスを取得できます。

上記の例は、半径を10pxに設定したCircleクラスのインスタンスが返ります。このインスタンスは正しく初期化されていると言えます。しかし、インスタンスが正しく初期化されているかどうかは、フィッタに依存します。

例えば、Circleクラスはデフォルトフィッタを明示的に定義していません。したがって、デフォルトフィッタは、システムによって自動的に定義されます。


Circle cir = new Circle(); // This is default fitter. It returns An instance with 0px radius.


システムによって定義されたデフォルトフィッタは、半径を設定しません。したがって、半径0のCircleクラスのインスタンスが返されます。これは、正しく初期化されたインスタンスとは言えません。

this演算子

this演算子は、現在のインスタンスを取得するための演算です。

Copyright © Rice All rights reserved.