Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Tutorial  >  expressions

この章の目的。

文を構成する要素である、式について学びます。

値を返すプログラムの要素。

式とは、コード上でインスタンスを返す要素です。

Riceにおける最小の式は、以下の二つです。


参照。

リテラル。


これらは、単独でインスタンスを返す式です。


式が返すインスタンスに演算子を組み合わせることで新たな式を生成します。このプロセスを、必要なだけ繰り返すことが出来ます。

その結果、インスタンスが返されます。これが式全体の結果となります。

例えば。


int i = 5; //#1

int j = 5; //#1

int k = i + j + 10; //#2


#1は、右辺の式(リテラル)が返すインスタンスで変数を定義しています。その結果、この変数はintクラスのインスタンスを参照します。その値は、5です。

#2の右辺は、iとjの参照しているインスタンスに加算演算子を適用します。その結果、新しいintクラスのインスタンスが返されます。その値は、10です。

この新しいインスタンスとリテラルの返すインスタンスに、再び加算演算子が適用されて、新しいintクラスのインスタンスが返されます。その値は、20です。このインスタンスで、変数kが定義されます。


それでは、以下の章で参照、リテラル、演算子について、説明していきます。

Copyright © Rice All rights reserved.