Home News DOC Class DL Others Cooker
Documents  >  Tutorial  >  continue 文
continue 文

ループ文を強制継続する continue 文について説明します。


目次:


書式

continue

セミコロン

ループの先頭

書式

continue 文は以下の形式です。


continue ;


ループ文の現在のループを終了し、次のループを実行します。

continue 文以降の文は無視され、continue 文を囲む直近のループ文の先頭に実行制御がジャンプします。

continue

continue 文である事を示すキーワードです。

セミコロン

continue 文の終了はセミコロンで表します。

ループの先頭

continue 文によって実行制御がループ文の先頭に戻りますが、その位置はループ文の種類により異なります。

while 文

while ( 条件式 )

...

continue;

...

endwhile


条件式はループ実行の可否を評価します。

条件式はループ毎に評価されます。したがって、条件式の評価からループを再開します。

each 文

each ( コレクション式 )

...

continue;

...

endeach


コレクション式はターゲットとなるコレクションを決定します。

ターゲットは each 文の最初に一度だけ評価されます。したがって、コレクション式の次の文からループを再開します。

fromto 文

fromto ( 開始インデックス, 終了インデックス )

...

continue;

...

endfromto


開始インデックスと終了インデックスはループインデックスの開始値と終了値を決定します。

開始値と終了値は文の最初に一度だけ評価されますが、ループインデックスの現在値はループ毎に評価されます。したがって、ループインデックスの現在値の評価からループを再開します。

keepon 文

keepon ( 回数式 )

...

continue;

...

endkeepon


回数式はループの総数を決定します。

総数は文の最初に一度だけ評価されますが、実行回数の累計値はループ毎に評価されます。したがって、累計値の評価からループを再開します。

1:

class example

2:

open method void someMethod()

3:

keepon(10)

4:

if(__index < 5)

5:

continue;

6:

endif

7:

endkeepon

8:

em

9:

ec

someMethod() メソッドが呼び出された場合、keepon ループに突入します。

ループの先頭で累計実行回数が予約変数 __index に格納されます。


累計実行回数が五回以下の場合は continue 文で実行制御が戻ります。

六回目以降は endkeepon で実行制御が戻ります。

Copyright © Rice All rights reserved.