Home News DOC Class DL Others Cooker
Documents  >  Tutorial  >  初めに
初めに

Rice とは

Rice は.NET Framework上で動作するプログラミング言語です。.NET Framework ver 4 をターゲットとして C# で実装されています。

アプリケーション自体の開発や多人数でのプロジェクトは想定していないので汎用言語の様に多機能ではありませんが、アプリケーションを補完するスクリプト言語として十分な機能を有しています。

チュートリアルについて

このチュートリアルの目的は Rice 言語を理解してスクリプトを記述出来るようにし、Rice を導入済みのアプリケーション上で、それを実行できるようにすることです。

Rice スクリプトはクラス定義の集合です。したがって、チュートリアルではユーザー定義クラスの実装方法を説明していきます。


各ページで特定の言語の構成要素にフォーカスして、それを詳説することで Rice 言語に対する理解を深めていきます。

説明はトップダウンで行われます。先ず大きな要素を説明し、それを構成する小さな要素の説明が続きます。


説明は特定のアプリケーションに依存しない様にしますが、アプリケーションに依存する場合は Cooker を前提とします。

必要なもの

Rice のソースファイルは、UTF-8 でエンコードされたテキストファイルである必要があります。したがって、ソースファイルを扱うためには UTF-8 を扱えるテキストエディタが必要となります。

その他のソースファイルが満たすべき要件についてはソースファイルのリファレンスを参照してください。


上述のようにチュートリアルの中で Cooker が必要になる場合があります。Cooker のダウンロードはこちらからお願いします。

Copyright © Rice All rights reserved.