Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Refernce  >  setter
セッタ定義

セッタ定義

セッタは、代入文の形式で呼び出されるサブルーチンである。

セッタ定義は、以下の形式である。


アクセス制御 setter セッタ名(引数)

endsetter


クラス定義の中で他のメンバ定義の外であれば、任意の場所でセッタの定義が可能である。

セッタの主な目的は、フィールドに対するアクセス手段の提供である。

アクセス制御

アクセス制御は、openかclosedのどちらかのキーワードを指定して、セッタのアクセスレベルを決定する。

openなら公開であり、クラス定義の外部から呼び出せる。closedなら非公開であり、クラス定義の中でしか使えない。

setterキーワード

setterキーワードは、この定義がフィッタであることを示す。それは、アクセス制御とセッタ名の間に存在しなければならない。

セッタ名

セッタ名は識別子である。

引数

引数は括弧で囲まれた、単一組のクラス名と識別子である。

文は任意である。つまり、文が無いセッタが許される。但し、それは無意味である。

endsetterキーワード

endsetterは、セッタ定義の終了を示すキーワードである。定義の最後に存在しなければならない。

オーバーロード

引数の型が異なれば、任意の数の同じ名前のセッタが定義可能である。

スコープ

セッタはスコープを生成する。

スコープについては、マニュアルを参照すること。

復帰

return文により、どこからでも呼び出し元に復帰出来る。セッタのreturn文はインスタンスを返してはいけない。return文に出会わずにendsetterまで到達した場合は、return文が有ったと見なして呼び出し元に復帰する。

Copyright © Rice All rights reserved.