Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Refernce  >  reservedvariable
予約変数

自動的に定義される変数

Riceには、特定の文脈で自動的に定義される変数が存在する。これを、予約変数と呼ぶ。

以下に予約変数の一覧を示す。


__count

__index

__value

__key

__error


予約変数の名前は二重のアンダースコアで始まることに注意すること。

__count

__countは、while文、fromto文、each文内の先頭の文に制御が到達すると自動的に定義される予約変数である。

__countはint型の変数であり、ゼロから始まるループ回数で初期化される。

__countは、通常のint型のようにオーバーフローが発生することはない。__countがint型の最大値を超えた場合は、ゼロに戻る。

__index

__indexは、fromto文内の先頭の文に制御が到達すると自動的に定義される予約変数である。

__indexはint型の変数であり、fromto文の現在のループインデックス値で初期化される。

__value

__valueは、each文内の先頭の文に制御が到達すると自動的に定義される予約変数である。

__valueはコレクションの要素で初期化される。__valueの型はコレクションの要素の型に依存する。

__key

__keyは、each文のコレクションがdictionaryの場合に、each文内の先頭の文に制御が到達すると自動的に定義される予約変数である。

__keyはstring型の変数であり、dictionaryの要素のkeyで初期化される。

__error

__errorは、try文のcatch節の中の先頭の文に制御が到達すると自動的に定義される予約変数である。

__errorはerrort型の変数である

Copyright © Rice All rights reserved.