Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Refernce  >  fitter
フィッタ定義

フィッタ定義

フィッタは、クラスのインスタンスを初期化するためのサブルーチンである。new演算子とともに用いられ、クラスのプロトタイプのコピーを初期化して返す。

フィッタ定義は、以下の形式である。


アクセス制御 fitter フィッタ名(引数)

endfitter


クラス定義の中で他のメンバ定義の外であれば、任意の場所で任意の数のフィッタ定義が可能である。

アクセス制御

アクセス制御は、openかclosedのどちらかのキーワードを指定して、フィッタのアクセスレベルを決定する。

openなら公開であり、クラス定義の外部から呼び出せる。closedなら非公開であり、クラス定義の中でしか使えない。

fitterキーワード

fitterキーワードは、この定義がフィッタであることを示す。それは、アクセス制御とフィッタ名の間に存在しなければならない。

フィッタ名

フィッタ名はそれが定義されるクラス名と同じでなければならない。

引数

引数は括弧で囲まれた、任意数のクラス名と識別子の組である。クラス名と識別子の組を二個以上指定する場合は、カンマで区切る。

例えば、


open fitter sampleClass()

open fitter sampleClass(int index)

open fitter sampleClass(int index, string message)


引数が無いことを示す特別なキーワードは無い。引数が無い場合は、括弧内に何も指定する必要はない。

文は任意である。つまり、文が無いフィッタが許される。その場合はプロトタイプのコピーがそのまま返される。

endfitterキーワード

endfitterは、フィッタ定義の終了を示すキーワードである。定義の最後に存在しなければならない。

オーバーロード

フィッタ名はクラス名と同じでなければならないが、引数の型と数が異なれば、任意の数のフィッタが定義可能である。

スコープ

フィッタはスコープを生成する。

スコープについては、マニュアルを参照すること。

復帰

return文により、どこからでも呼び出し元に復帰出来る。フィッタのreturn文はインスタンスを返してはいけない。return文に出会わずにendfitterまで到達した場合は、return文が有ったと見なして呼び出し元に復帰する。

Copyright © Rice All rights reserved.