Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Refernce  >  class
クラス定義

クラス定義

クラス定義は、classとendclassの間に記述されたメンバ定義の集合であり、クラスの状態と振舞を決定する。

クラス定義は、以下の形式である。


class クラス名

メンバ定義。

endclass


メンバの定義は次の五種類である。


フィールド宣言

フィッタ定義

セッタ定義

ゲッタ定義

メソッド定義


classに続けてクラス名を指定する。クラス名の命名規則は識別子と同じである。フィールド宣言がクラスの状態を、フィッタ定義,セッタ定義,ゲッタ定義,メソッド定義が振舞を決定する。

メンバ定義の詳細については、マニュアルを参照すること。

プロトタイプ

プログラムの実行が開始されると、Riceはソースファイルからクラスのプロトタイプを作成して、クラス名と対応付けて保存する。

Riceは、プログラムからのクラスインスタンスの生成要求に対し、プロトタイプのコピーを返す。

クラスのアクセス制御

オブジェクト指向言語のような、クラスに対するアクセス修飾子は、Riceには存在しない。つまり、Riceのクラスは常にアクセス可能であり、任意の場所で生成できる。

Copyright © Rice All rights reserved.