Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Class  >  rice
rice クラス

説明

言語システム自体を表します。

注意

Rice言語に標準で組み込まれているクラスです。

宣言によって作成されたインスタンスは既に初期化されています。

フィッタ

シグネチャ説明
rice()

初期値を持つriceクラスの新しいインスタンスを取得します。

ゲッタ

シグネチャ説明
Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

SourceFileName

実行中のスクリプトのソースファイルの絶対パスを取得します。

TypeName

型名を取得します。

Version

Rice のバージョンを表す文字列を取得します。

セッタ

このクラスは、セッタを持ちません。

メソッド

シグネチャ説明
AddMessage(string,string)

メッセージ名を指定してメッセージを追加します。

ContainsKey(string)

指定されたメッセージ名がメッセージ連想配列に含まれているかどうかを示す値を取得します。

Embed(string)

プラグイン型をロードします。

GetMessage(string)

メッセージ名で指定されたメッセージを取得します。

Import(string)

ユーザ定義型をロードします。

IsBasic(string)

引数文字列が、基本型の名前であるかどうかを示す値を取得します。

IsClass(string)

引数文字列が、ユーザ定義型の名前であるかどうかを示す値を取得します。

IsEmbed(string)

引数文字列が、プラグイン型の名前であるかどうかを示す値を取得します。

IsKeyword(string)

引数文字列が、キーワードであるかどうかを示す値を取得します。

SetFromFile(string)

指定したファイルでメッセージを上書きします。

SetMessage(string,string)

メッセージ名を指定してメッセージを上書きします。

Copyright © Rice All rights reserved.