Home About Rice Downloads Documents Others Cooker CookerGX
Documents  >  Class  >  list
list クラス

説明

インデックスによってアクセス可能なリストを表します。

注意

Rice言語に標準で組み込まれているクラスです。

宣言によって作成されたインスタンスは既に初期化されています。

宣言で"{}"を使うことで要素の型を制限出来ます。

宣言で"{}"を使わないときは任意の型のインスタンスを要素とすることが出来ます。

フィッタ

シグネチャ説明
list()

初期値を持つlistクラスの新しいインスタンスを取得します。

ゲッタ

シグネチャ説明
Count

リストに含まれる要素の数を取得します。

End

リストの最後の要素を取得します。

First

リストの最初の要素を取得します。

FirstChild

リストの最初の要素を取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

LastChild

リストの最後の要素を取得します。

TypeName

型名を取得します。

セッタ

このクラスは、セッタを持ちません。

メソッド

シグネチャ説明
Add(class)

リストの最後にインスタンスを追加します。

AddRange(class)

リストの最後に指定されたリストを追加します。

Clear()

リストからすべての要素を削除します。

ContainsByRef(class)

参照として一致する要素があるかどうかを示す値を取得します。

ContainsByVal(class)

値として一致する要素があるかどうかを示す値を取得します。

Copy()

呼び出し元の浅いコピーを返します。

Find(class)

値として一致する最初の子をproxyに格納して返します。

Find(class,int)

値として一致する最初の子をproxyに格納して返します。

FindAll(class)

値として一致する全ての子をlistに格納して返します。

FindLast(class)

値として一致する最後の子をproxyに格納して返します。

FindLast(class,int)

値として一致する最後の子をproxyに格納して返します。

GetAt(int)

指定したインデックスにある要素を取得します。

IndexOfByRef(class)

参照として一致する最初の子のインデックスを返します。

IndexOfByRef(class,int)

参照として一致する最初の子のインデックスを返します。

IndexOfByVal(class)

値として一致する最初の子のインデックスを返します。

IndexOfByVal(class,int)

値として一致する最初の子のインデックスを返します。

Insert(int,class)

指定したインデックスに要素を挿入します。

LastIndexOfByRef(class)

参照として一致する最後の子のインデックスを返します。

LastIndexOfByRef(class,int)

参照として一致する最後の子のインデックスを返します。

LastIndexOfByVal(class)

値として一致する最後の子のインデックスを返します。

LastIndexOfByVal(class,int)

値として一致する最後の子のインデックスを返します。

Remove(class)

リストから引数に等しい最初の要素を削除します。

RemoveAt(int)

リストの指定したインデックスにある要素を削除します。

Reverse()

リスト全体の要素の順序を逆にします。

SetAt(int,class)

指定したインデックスに要素を設定します。

Sort()

呼び出し元リストをソートします。

Copyright © Rice All rights reserved.