Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Home
CookerGX - Webスクリプティングとデータ抽出。

Webページの操作。

CookerGXは、Webスクリプティングとデータ抽出のためのアプリケーションです。 CookerGXを使用すれば、Webページの操作、コンテンツからのデータ抽出が簡単にすばやく行えます。

JavaScript と Rice を使ったWebスクリプティング。

CookerGXはWebページを操作するために2つの言語、JavaScript と Rice を使用します。 JavaScriptはWebページの内部コンテンツを操作するために使用され、Riceは外部環境との対話に使用されます。

内部 ⇔ JavaScript

内部コンテンツへのアクセスは、JavaScript の仕事です。

CookerGX(Rice)は、JavaScriptの動的ロードと実行をサポートしています。これにより、Webページの内部コンテンツに自由にアクセスできます。

外部 ⇔ Rice

外部リソースへのアクセスは、Rice の仕事です。

Riceはクラス定義の動的ロードをサポートしているため、Web操作に必要な機能を自由に拡張できます。

JavaScript ⇔ Rice

JavaScript と Rice の連携は、CookerGXの中核技術です。 Rice は JavaScript コードをWebページに挿入して実行し、JavaScript はイベントを通じて Rice コードを呼び出します。

注入

Rice は、JavaScript の動的な読み込みをサポートしています。

Webページに直接 JavaScript コードを書き込むこともできますし、Url を指定してインターネットから読み込むこともできます。

実行

Rice は、JavaScript の実行をサポートしています。

Rice から直接 JavaScript コードと関数を呼び出すことができます。また、関数名を使って JavaScript 関数を間接的に呼び出すこともできます。

JavaScript から戻り値を取得することも可能です。

JavaScript からの Rice の呼び出し

JavaScript イベントを使用して Rice コードを呼び出すことができます。

Firefoxとの互換性

CookerGX は HTMLレンダリングエンジンとして Gecko(GeckoFX) を使用しています。 したがって、Webページの表示や JavaScript の実行については、Firefox 互換のブラウザとして動作します。

Copyright © CookerGX All rights reserved.