Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Documents  >  usage  >  classaddition
動的クラス追加

CookerGX起動時のクラスの登録

CookerGXの起動時に、指定されたディレクトリに配置された組み込みクラスの .dll ファイルが動的に読み込まれます。

以下のセクションで、起動時のクラスの登録について説明します。

dll ファイルの名前

CookerGXは、組み込みクラスであるかどうかをファイル名で判断します。したがって、組み込みクラスの dll ファイルは、指定の命名規則に従わなければなりません。

命名規則 (ファイル名のパターン) を以下に示します。

Rtype.*.dll


例えば、

datetime クラスの dll ファイルは、"Rtype.Datetime.dll" という名前を持ちます。

regex (正規表現) クラスの dll ファイル名は、"Rtype.Regex.dll" です。


ファイル名が上記の命名規則に従わない場合は、クラスは登録されません。

dlls ディレクトリ

CookerGXは起動時に "dlls" ディレクトリから組み込みクラスを動的に読み込みます。

'dlls' ディレクトリは、CookerGX.exe を含むディレクトリの子ディレクトリでなければなりません。 言い換えれば、 'dlls' ディレクトリは、CookerGX.exe と同じディレクトリになければなりません。

先に説明したように、組み込みクラスであるか否かは、ファイル名で判断します。


組み込みクラスは、"dlls" ディレクトリに配置する必要がありますが、"dlls" ディレクトリの直接の子である必要はありません。

組み込みクラスの検索は、"dlls" ディレクトリに対して再帰的に行われます。 言い換えれば、組み込みクラスは、"dlls" ディレクトリの下にあるディレクトリ階層のどこかにあれば、動的にロードされます。

Next
Previous
Copyright © CookerGX All rights reserved.