Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  zaifapi  >  GetIdInfo()
zaifapi クラス : GetIdInfo() メソッド

説明

ユーザーIDやメールアドレスといった個人情報を取得します。

構文

zaifapiInstance.GetIdInfo()

引数

無し。

返り値

クラス説明
stringJSON文字列。

サンプルコード

1:

string apiKey = "3622c294-zs5m-587w-vv7j-sdf454h1sdbl";

2:

string secretKey = "4be789k3-dd7r-9d23-jy45-qng4c83hjk1g";

3:

zaifapi zaifapiIns = new zaifapi(apiKey, secretKey);

4:

string jsonStr = zaifapiIns.GetIdInfo();

JSON-text 例

{"success": 1, "return": {"user": {"id": 999999, "email": "thankyouforyourefforts@gmail.com", "name": "\u304a\u75b2\u308c\u69d8\u3067\u3059", "certified": true, "kana": "\u304a\u3064\u304b\u308c\u3055\u307e\u3067\u3059"}}}

注意

現物取引APIです。API キーと、秘密キーを設定しなければ情報を取得できません。

API エラーが発生した場合、以下の様な JSON-text が返ります。

{"success": 0, "error": "..."}

"error" は、それぞれの API エラーで異なります。

HTTP エラーが発生した場合、以下の様な JSON-text が返ります。

{"success": -1000,"error": { "statuscode" : 404, "message": "Not Found"}}

"statuscode" と "message" は、それぞれの HTTP エラーで異なります。

要求がタイムアウトした場合、以下の JSON-text が返ります。

{"success": -1001,"error": { "typename" : "TaskCanceledException", "message": "タスクが取り消されました。"}}

その他の例外が発生して要求が失敗した場合、以下の様な JSON-text が返ります。

{"success": -1002,"error": { "typename" : "...", "message": "..."}}

"typename" と "message" は、それぞれの例外で異なります。

参照リンク

Copyright © Rice All rights reserved.