Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  timer  >  Interval(int)
timer クラス : Interval(int) セッタ

説明

タイマー実行間隔を示す値を設定します。

構文

timerInstance.Interval = timeSpan

引数

クラス名前説明
inttimeSpanタイマー実行間隔を示す値。

返り値

無し。

サンプルコード

次のクラス定義があるとします。

1:

class handle

2:

...

3:

open fitter handle()

4:

// 任意の初期化コード...

5:

endfitter

6:

...

7:

open method void timerHandler(timer t)

8:

// 任意の処理コード....

9:

endmethod

10:

...

11:

endclass

Interval セッターの使い方は次のとおりです。

1:

handle h = new handle();

2:

timer t = new timer(h,"timerHandler(timer)", 1000);

3:

t.Interval = 500; // タイマー実行間隔を1000から500に変更します。

注意

これは、System.Windows.Threading.DispatcherTimer.Interval プロパティのラッパーです。

単位はミリ秒です。

ゼロ以下は指定できません。

参照リンク

Copyright © Rice All rights reserved.