Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  timer  >  Handler(some class)
timer クラス : Handler(some class) セッタ

説明

タイマーハンドラーメソッドを持つインスタンスを設定します。

構文

timerInstance.Handler = handlerInstance

引数

クラス名前説明
some classhandlerInstanceタイマーハンドラーメソッドを持つインスタンス。

返り値

無し。

サンプルコード

次のクラス定義があるとします。

1:

class handle

2:

...

3:

open fitter handle()

4:

// 任意の初期化コード...

5:

endfitter

6:

...

7:

open method void timerHandler(timer t)

8:

// 任意の処理コード....

9:

endmethod

10:

...

11:

endclass

Handler セッタの使い方は次のとおりです。

注意 : 以下のコードは、初期化された timer クラスのインスタンス "t が存在することを仮定しています。

1:

handle h = new handle();

2:

t.Handler = h;

3:

t.Signature = "timerHandler(timer)";

3:

t.Interval = 3000;

3:

t.Start();

これ以降 "h" の "timerHandler(timer)" が 3秒間隔で呼び出されます。

注意

このセッタを使うと、タイマーの挙動を動的に変更できます。


このセッタは、Rtype.Timer.dll Ver 1.0.0.2 で追加されました。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.