Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  sleep  >  Times
sleep クラス : Times ゲッタ

このゲッタは、Ver 1.0.0.2 で削除されています。

説明

イベントが処理される回数を示す値を取得します。

構文

sleepInstance.Times

引数

無し。

返り値

クラス説明
intイベントが処理される回数を示す値。

サンプルコード

1:

sleep sp = new sleep(10, 10); // 10 回、10 ミリ秒。

2:

int eventProcessed = sp.Times; // eventProcessed は、10。

注意

Times は、イベントがスリープ中に処理される回数です。

このゲッタは、Ver 1.0.0.2 で削除されています。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.