Home Notices Documents Classes Download Others Rice Cooker
Classes  >  pipeclient
pipeclient クラス

説明

プロセス間通信用のチャンネルを操作する機能を提供します。

注意

CookerGXが実行されるときに動的に埋め込まれるクラスです。

このクラスは、Rtype.Pipe.dll として配布されます。

注意してください。Rtype.Pipe.dll は、CookerGX の配布アーカイブに含まれません。クラスを使用するためには、dll ファイルを各自で組み込んでください。

DLL

Rtype.Pipe.dll

fitter

シグネチャ説明
pipeclient()

pipeclient クラスの新しいインスタンスを取得します。

pipeclient(string)

pipeclient クラスの新しいインスタンスを取得します。

getter

シグネチャ説明
ChannelName

チャンネル名を取得します。

getter 直接呼出し

Riceのゲッター呼び出し表記を使用して項目の値を取得します。

Fitted

インスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

TypeName

型名を取得します。

setter

シグネチャ説明
setter 直接呼出し

Riceのセッター呼び出し表記を使用して項目の値を設定します。

method

シグネチャ説明
Clear()

チャンネルの全ての項目を削除します。

Contains(string)

指定した項目名がチャンネルに存在するかどうかを示す値を取得します。

Count()

チャンネルの項目数を取得します。

Get(string)

項目名に対応した値を取得します。

Keys()

項目名のリストを取得します。

Remove(string)

指定した項目を削除します。

Set(string,string)

項目に値を設定します。

Values()

値のリストを取得します。

最新版のダウンロード

上記の .dll とソースファイルは、7z形式の自己解凍形式のアーカイブとして配布されます。

Copyright © Rice All rights reserved.