Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  match  >  Group(int)
match クラス : Group(int) メソッド

説明

インデックスによって選択される正規表現グループに一致する部分文字列を取得します。

構文

matchInstance.Group(int index)

引数

クラス名前説明
intindexインデックス。

返り値

クラス説明
stringインデックスによって選択される正規表現グループに一致する部分文字列。

サンプルコード

1:

regex pattern = new regex("(\d)(\d)"); // 正規表現にグループがある。

2:

match firstMatch= pattern.MatchM("ww1245cc66"); // "12"に一致。

3:

int count = firstMatch.GroupCount; // グループ数は、3。"12", "1", "2"

4:

string resultStr = firstMatch.Group(0); // "12"

5:

resultStr = firstMatch.Group(1); // "1"

6:

resultStr = firstMatch.Group(2); // "2"

7:

// ---------------------------------------------------------------------------------

8:

pattern = new regex("\d\d"); // 正規表現にグループが無い。

9:

firstMatch= pattern.MatchM("ww1245cc66"); // "12"に一致。

10:

count = firstMatch.GroupCount; // グループ数は、1。一致した部分文字列全体もグループ

11:

resultStr = firstMatch.Group(0); // "12"

12:

// ---------------------------------------------------------------------------------

13:

firstMatch= pattern.MatchM("wwwwwww"); // 一致しない。

14:

count = firstMatch.GroupCount; // グループ数は、1。

15:

resultStr = firstMatch.Group(0); // ""

注意

これは、System.Text.RegularExpressions.Match.Groups プロパティのラッパーです。

インデックスは、0 ベースです。


matchInstance.Group(0) の結果は、常に部分文字列全体です。

一致に成功した場合、一致した部分文字列全体も一つのグループとして認識されるので、matchInstance.Group(0) を実行すると部分文字列全体が返ります。

一致が失敗した場合、一致した部分文字列全体が無いので、matchInstance.Group(0) を実行すると空文字列が返ります。

参照リンク

Copyright © Rice All rights reserved.