Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  datetime  >  TicksDiff(datetime)
datetime クラス : TicksDiff(datetime) メソッド

説明

呼び出しインスタンスと引数のタイマー刻み数の差を取得します。

構文

datetimeInstance.TicksDiff(datetime argDatetime)

引数

クラス名前説明
datetimeargDatetime呼び出し元と比較されるインスタンス。

返り値

クラス説明
long呼び出し元と引数のタイマー刻み数の差。

サンプルコード

1:

datetime dt = new datetime(2019,1,6,0,0,0);

2:

datetime dt2 = new datetime(2019,1,6,0,0,1);

3:

datetime dt3 = new datetime(2019,1,6,1,0,0);

4:

long diff1 = d2.TicksDiff(dt); // 10000000

5:

long diff2 = dt3.TicksDiff(dt); // 36000000000

注意

返り値は、"呼び出し元の時刻 - 引数の時刻" のタイマー刻み数を単位とした long です。


このメソッドは、Ver 1.0.0.1 で追加されました。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.