Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  window
window クラス

説明

アプリケーションウィンドウ自体を表します。

注意

これはCookerGXに静的に含まれるクラスです。

変数宣言から取得したインスタンスは、すでに初期化されていることに注意してください。

fitter

シグネチャ説明
window()

window クラスの新しいインスタンスを取得します。

getter

シグネチャ説明
ClientHeight

クライアント領域の高さを取得します。

ClientHeight2

クライアント領域の高さを取得します。

ClientWidth

クライアント領域の幅を取得します。

ClientWidth2

クライアント領域の幅を取得します。

DpiScaleFactorX

物理ピクセルと論理ピクセルの水平方向の変換比率を取得します。

DpiScaleFactorY

物理ピクセルと論理ピクセルの垂直方向の変換比率を取得します。

Enabled

ウィンドウがユーザーインターフェイスで有効かどうかを示す値を取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

Height

ウィンドウの高さを取得します。

Height2

ウィンドウの高さを取得します。

IsMaximized

ウィンドウが最大化されているかどうかを示す値を取得します。

IsMinimized

ウィンドウが最小化されているかどうかを示す値を取得します。

IsNormal

ウィンドウが通常の状態かどうかを示す値を取得します。

Left

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を取得します。

Left2

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を取得します。

Top

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を取得します。

Top2

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を取得します。

TopMost

ウィンドウが常にデスクトップ画面の前景に表示されるかどうかを示す値を取得します。

TypeName

型名を取得します。

Width

ウィンドウの幅を取得します。

Width2

ウィンドウの幅を取得します。

setter

シグネチャ説明
Enabled(bool)

ウィンドウがユーザーインターフェイスで有効になっているかどうかを示す値を設定します。

Height(real or int)

ウィンドウの高さを設定します。

Height2(int)

ウィンドウの高さを設定します。

Left(real or int)

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を設定します。

Left2(int)

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を設定します。

Top(real or int)

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を設定します。

Top2(int)

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を設定します。

TopMost(bool)

ウィンドウが常にデスクトップ画面の前景に表示されるかどうかを示す値を設定します。

Width(real or int)

ウィンドウの幅を設定します。

Width2(int)

ウィンドウの幅を設定します。

method

シグネチャ説明
Activate()

Activates the bwindow and gives it focus.

Close()

ウィンドウを閉じます。

DoEvents()

現在メッセージキューにあるすべてのWindowsメッセージを処理します。

Hide()

ウィンドウを非表示にします。

PointFromScreen(real or int,real or int)

スクリーン座標をウィンドウ上のクライアント座標に変換します。

PointFromScreen2(int,int)

スクリーン座標をウィンドウ上のクライアント座標に変換します。

PointToScreen(real or int,real or int)

ウィンドウ上のクライアント座標をスクリーン座標に変換します。

PointToScreen2(int,int)

ウィンドウ上のクライアント座標をスクリーン座標に変換します。

Show()

ウィンドウを表示します。

ToMaximized()

ウィンドウを最大化する。

ToMinimized()

ウィンドウを最小化します。

ToNormal()

ウィンドウを通常の状態に変更します。

event

シグネチャ説明
Activated(class,string)

イベントハンドラを "Activated" イベントに割り当てます。

Closed(class,string)

イベントハンドラを "Closed" イベントに割り当てます。

Closing(class,string)

イベントハンドラを "Closing" イベントに割り当てます。

Deactivated(class,string)

イベントハンドラを "Deactivated" イベントに割り当てます。

LocationChanged(class,string)

イベントハンドラを "LocationChanged" イベントに割り当てます。

SizeChanged(class,string)

イベントハンドラを "SizeChanged" イベントに割り当てます。

Copyright © Rice All rights reserved.