Home Notices Documents Classes Download Others Rice
Classes  >  window  >  Activated(class,string)
window クラス : Activated(class,string) メソッド

説明

イベントハンドラを "Activated" イベントに割り当てます。

構文

windowInstance.Activated(class handleInstance, string signature)

引数

クラス名前説明
classhandleInstanceイベントハンドラをメンバとして持つインスタンス。
stringsignatureイベントハンドラのシグネチャ。

返り値

クラス説明
ehswitchイベントハンドラの実行を制御するスイッチ。

サンプルコード

次のクラス定義があるとします。

1:

class handle

2:

...

3:

open fitter handle()

4:

// 任意の初期化コード...

5:

endfitter

6:

...

7:

open method void handler(eventargs ea)

8:

// 任意の処理コード...

9:

endmethod

10:

...

11:

endclass

ハンドラの割り当ては次のとおりです。

1:

window w = new window();

2:

handle h = new handle();

3:

ehswitch ehs = w.Activated(h,"handler(eventargs)");

4:

ehs.Start(); // 処理を開始。

注意

これは、System.Windows.Window.Activated イベントのラッパーです。


このイベントのハンドラは、eventargs クラスの引数を一つ持つ open メソッドでなければなりません。

つまり、ハンドラのメソッド名が "handlerName" の場合、ハンドラの定義は次のようになります。


open method void handlerName(eventargs ea)

...

endmethod


この場合、第2引数で指定されるハンドラの署名は "handlerName(eventargs)" です。

参照リンク

Copyright © Rice All rights reserved.