Home News DOC Class DL Others Rice
DOC  >  system.cook
system.cook

起動時に実行されるスクリプト。

system.cook は、起動時に自動的に実行されるスクリプトです。

Cooker.exe と同一のディレクトリに system.cook がある場合 :

起動直後のホームページへの移動が終了した後に一度だけ実行されます。

system.cook が end() メソッドを定義している場合は、Cookerの終了時にend() メソッドを呼び出します。

system.cook が無い場合 :

何も起こりません。

初期実装

配布アーカイブは system.cook を含んでいます。以下に、その実装を示します。

1:

class main

2:

browser _br;

3:

message _m;

4:

open method void start()

5:

endmethod

6:
7:

open method void end()

8:

endmethod

9:
10:

open method void F1()

11:

_br.LoadUrl("https://www.google.co.jp/");

12:

endmethod

13:

open method void F2()

14:

_br.GoBack();

15:

endmethod

16:

open method void F3()

17:

_br.GoForward();

18:

endmethod

19:

open method void F4()

20:

_m.Icon = 3;

21:

_m.Show("F4() is not implemented.");

22:

endmethod

23~50:

...

51:

open method void F12()

52:

_m.Icon = 3;

53:

_m.Show("F12() is not implemented.");

54:

endmethod

55:

endclass

メソッド F1() ~ F12() が定義されている場合は、ショートカットキー Ctrl+F1 ~ F12 で対応するメソッドが呼び出されます。

定義されていない場合は、何も起こりません。

上記のコードには、Ctrl+F1 で"https://www.google.co.jp/"への移動、Ctrl+F2 で前ページへの移動、Ctrl+F3 で次ページへの移動、Ctrl+F4~F12でメッセージの表示が実装されています。

Copyright © Rice All rights reserved.