Home News DOC Class DL Others Rice
DOC  >  使い方  >  JavaScript拡張
JavaScript拡張

JavaScriptの拡張機能

CookerのJavascriptでは、windowオブジェクトの下に、いくつかのオブジェクトが拡張機能として提供されています。

window.cooker.external オブジェクト

1:GetData(token)Rice で設定された文字列を受け取ります。非同期関数です。
2:SetData(token,object)Rice に文字列を送ります。非同期関数です。
3:Notice(token,object)Rice:jsexecutorのNotice イベントを発火します。非同期関数です。

引数tokenは32桁の数値文字列です。即時関数化で与えられます。

GetData(token)の使用例。Rice:jsexecutorで設定された文字列を受け取ります。

1:

let stringDataFromRice = await window.cooker.external.GetData(token);

SetData(token,object)の使用例。Rice:jsexecutorへ文字列を送ります。

1:

window.cooker.external.SetData(token,"string data to Rice.");

Notice(token,object)の使用例。Rice:jsexecutorのNotice イベントを発火します。

1:

window.cooker.external.Notice(token,'A string data which will be passed to the Rice.');

window.cooker.data オブジェクト

Rice:jsexecutorで設定された文字列は、このオブジェクトにも設定されます。

1:

let stringDataFromRice = window.cooker.data;

window.cooker.storage オブジェクト

1:Write(token, filename, data, append)ファイルにテキストデータを書き出します。非同期関数です。
2:Read(token, filename)ファイルからテキストデータを読み出します。非同期関数です。

ファイル書き出し例:

1:

window.cooker.storage.Write(token, "example.txt", "data string", true);

第一引数token32桁の数値文字列。即時関数化で与えられます。
第二引数filenameファイル名。
第三引数dataデータ文字列。
第四引数append真偽値。追加=true。上書き=false。

第三引数にはファイル名だけを与えてください。ファイルI/OはCookerの実行ディレクトリ内のstorageサブディレクトリの直接の子ファイルに制限されています。

パスを与えた場合には、パスからファイル名だけを取り出してstorageサブディレクトリの直接の子ファイルと見なして処理します。


ファイル読み込み例:

1:

let data = await window.cooker.storage.Read(token, "example.txt");

第一引数token32桁の数値文字列。即時関数化で与えられます。
第二引数filenameファイル名

ファイル名に注意してください。Write()と同様に制限されています。

ファイル内のデータを一括して取り出すことに注意してください。

Copyright © Rice All rights reserved.