Home Cooker Classes Others Rice
Cooker  >  sourcefile
ソースファイル

Cookerのソースファイル

CookerはWebページ操作のためのアプリケーションです。ページの操作はRiceで記述されたスクリプトを実行することで行います。

Riceソースファイルに共通する、ソースファイルが備えるべき要件については、以下のリンクを参照してください。

以下のセクションで、Cookerのソースファイルが、特に備えるべき要件について説明します。

.cook 拡張子

Cookerから直接に呼び出されるソースファイルは、.cook 拡張子を持たなければなりません。これ以外の拡張子を持つRiceソースファイルを、Cookerから呼び出すことは出来ません。

ただし、.cook 以外の拡張子を持つRiceソースファイルが、.cook の拡張子を持つRiceソースファイルに import されることは可能です。

main クラス

.cook ファイルから始まるRiceソースファイルの読み込みの中で、main クラスが一度だけ定義される必要があります。

main クラスは .cook ファイル内に定義される必要はありません。しかしながら、.cook ファイル内に定義することをお勧めします。

start() メソッド

main クラスには、実行の entryポイントである、start() メソッドが必須です。

entryポイントについては後述します。

end() メソッド

main クラスには、実行の exitポイントである、end() メソッドを定義することが出来ます。end() メソッドを定義するがどうかは任意です。

exitポイントについては後述します。

Copyright © Rice All rights reserved.