Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Cooker  >  entrypoint
実行の開始

entry ポイント

プログラムの実行を指示された Cooker は、.cook ファイルから始まるRiceソースファイルの読み込みでインタープリタを生成します。そして、インタープリタが main クラスの start() メソッドを呼び出し、実行します。

この、start() メソッドの呼び出しと実行がプログラムの実行の開始点です。そして、これを実行の entry ポイントと呼びます。

open method void start()

上記の様にプログラムの実行は、main クラスの start() メソッドから始まります。したがって、main クラスは start() メソッドの定義を持たなければいけません。

以下に、start() メソッド定義のアウトラインを示します。

1:

open method void start()

2:

// メソッド定義。

3:

endmethod

上のコード例の様に start() は、"strat" という名前を持つ open で引数と返り値の無いメソッドです。

返り値が有っても大丈夫ですが、無視されるので無意味です。

Copyright © Rice All rights reserved.