Home Cooker Classes Others Rice
Cooker
Cooker

Cookerについて。

CookerはWebページ操作のためのアプリケーションです。


Cookerは以下の特徴を持ちます。

.NET Framework Ver 4.6をターゲットとしてビルドされています。

ブラウザとして、Internet Explorer互換のWebBrowserコントロールを利用しています。

ブラウザ上で任意のJavaScriptが実行でき、実行結果をブラウザの外部に取り出せます。

ダウンロード。

上記のCooker及びソースファイルは、7z形式の自己展開書庫です。

Rice

CookerはWebページ操作のために二つの言語、JavaScriptとRiceを使います。

Riceの詳細については、以下のリンクを。

インストールとアンインストール。

インストール

Cookerは、7z形式の自己展開書庫として配布されます。ダウンロードした.exeファイルを実行すれば、必要なファイルが展開されます。

展開されたファイル内の、Cooker.exeがCookerの本体です。

アンインストール

Cookerに特別なアンインストールは必要ありません。インストールで作成されたファイルを削除すればアンインストールは終了です。

Cookerの使い方。

CookerはWebページ操作のためのアプリケーションです。ページの操作はRiceで記述されたスクリプトを実行することで行います。実際のページ内部の操作はJavaScriptが行いますが、JavaScriptの実行を含む全体の統制はRiceがコントロールします。

つまり、Cookerの使い方とはRiceスクリプトの実行方法と同義です。

以下に、CookerでRiceスクリプトを実行する際の注意点を上げておきます。

.cook ファイル

Cookerで実行の起点となるRiceスクリプトファイルは、拡張子が".cook"でなければなりません。Cookerは、拡張子でCooker用のRiceソースファイルかどうかを判断しています。

実行の起点とならないRiceソースファイル。例えば、.cookファイルから呼び出されるだけのRiceソースファイルには、拡張子に制限はありません。

その他、Riceソースファイルが備えるべき要件は、以下のリンクを参照してください。


ソースファイルが満たすべき要件。

.cookファイルから始まるファイル呼び出しの連鎖により準備されるRiceソースコードは、mainクラスの定義を持つ必要があり、mainクラスは"start()"メソッドの定義を持つ必要があります。

mainクラスの"open method void start()"メソッドが、Cookerのエントリポイントとなります。

Cookerのエントリポイントに関しては、以下のリンクを参照してください。


最低限のRiceプログラムの構造。
エントリーポイント。

Riceプログラムの実行

Cookerで、Riceプログラムを実行する方法は、二つあります。

第一の方法は、Cookerのアイコンに.cookファイルをドロップすることです。

第二の方法は、Cookerを起動して、ファイル選択ダイアログから.cookファイルを選択することです。

第一の方法

Cookerのアイコンに.cookファイルをドロップします。

コマンドプロンプトから.cookファイルのパスを引数にして、Cookerを呼び出すのと同等の方法です。

第二の方法

Cookerを起動した後、ファイル選択ダイアログから.cookファイルを選択します。

ファイル選択ダイアログは、CtrlとRキーを同時に押すかブラウザの任意の場所を右クリックすることで開きます。

ファイル選択ダイアログ

利用上の注意点。

Cookerは、ブラウザとしてInternet Explorer互換のWebBrowserコントロールを利用しています。このため、Cookerの利用に際してWebBrowserコントロールに起因する制限が幾つかあります。

レンダリングモード

Cookerのブラウザは、あなたのWindowsにインストールされているInternet Explorerと同じレンダリングモードでページを描画します。

つまり、あなたのInternet Explorerがver10なら、Cookerのブラウザもver10モードで、ver11ならver11モードでページを描画します。

Javascript

Cookerのブラウザの設定はInternet Explorerの設定の影響を受けます。

特に重要なのは、Javascriptの設定です。あなたがInternet ExplorerでJavascriptの実行を不可に設定している場合、CookerのブラウザでもJavascriptを利用することはできません。

ドキュメント

Cookerのインストールとアンインストールについて説明します。

Cookerの起動時に動的にクラスを追加する方法について説明します。

Cookerが実行するソースファイルが備えるべき要件について説明します。

Cookerでプログラムを実行する方法について説明します。

Cookerのプログラム実行の開始点について説明します。

Cookerのプログラム実行の終了点について説明します。

Cookerのメッセージと多言語対応について説明します。

Cookerの起動時の初期化について説明します。

Copyright © Cooker All rights reserved.