Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Classes  >  writer
writer クラス

説明

テキストファイルへの出力機能を提供します。

注意

Cooker の実行時に動的に埋め込まれるクラスです。

このクラスは、Rtype.Reader.dllとして配布されます。

dllファイルは、Cookerの配布アーカイブ内のdllsディレクトリにあります。

フィッタ

シグネチャ説明
writer()

writerクラスの新しいインスタンスを取得します。

writer(string)

指定されたファイル名で初期化されているwriter型の新しいインスタンスを取得します。

writer(string,bool)

指定された書き込みモードで、指定したファイル名のwriter型の新しいインスタンスを初期化します。

writer(string,bool,bool)

書き込みモードと、バイトオーダーマーク(BOM)の有無を指定して、指定したファイル名のwriter型の新しいインスタンスを初期化します。

writer(string,bool,int)

書き込みモードと、エンコーディングを指定して、指定したファイル名のwriter型の新しいインスタンスを初期化します。

writer(string,int)

エンコーディングを指定して、指定したファイル名のwriter型の新しいインスタンスを初期化します。

ゲッタ

シグネチャ説明
AutoFlush

StreamWriter.Writeへのすべての呼び出し後にバッファをフラッシュするかどうかを示す値を取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

NewLine

WriteLineメソッドで使用される行終端文字列を取得します。

TypeName

型名を取得します。

セッタ

シグネチャ説明
AutoFlush(bool)

StreamWriter.Writeへのすべての呼び出し後にバッファをフラッシュするかどうかを示す値を設定します。

NewLine(string)

WriteLineメソッドで使用される行終端文字列を設定します。

メソッド

シグネチャ説明
Flush()

すべてのバッファをクリアし、すべてのバッファリングされたデータが書き込まれます。

Release()

writerr内で使用されているアンマネージドリソースを開放する。

Write(string)

writerに文字列を書き込みます。

WriteLine()

行終端記号をwriterに書き込みます。

WriteLine(string)

行終端文字列が続いている文字列を書き込みます。

ダウンロード

writer & reader クラス( Rtype.Reader.dll )のダウンロードは、以下のリンクからお願いします。

writer & reader クラスのソースのダウンロードは、以下のリンクからお願いします。

上記の .dll 及びソースファイルは、7z形式の自己展開書庫として配布されます。

Copyright © Rice All rights reserved.