Home Cooker Classes Others Rice
Classes  >  neva  >  Data
neva クラス : Data ゲッタ

説明

イベントに添付された文字列データを取得します。

構文

nevaInstance.Data

引数

無し。

返り値

クラス説明
stringイベントに添付された文字列データ。

サンプルコード

次のクラス定義があるとします。

1:

class handle

2:

...

3:

open fitter handle()

4:

// 任意の初期化コード...

5:

endfitter

6:

...

7:

open method void handler(neva ea)

8:

...

9:

string data = ea.Data;

10:

...

11:

endmethod

12:

...

13:

endclass

ハンドラの割り当ては次のとおりです。

1:

jsexecutor jse = new jsexecutor();

2:

handle h = new handle();

3:

switch ehs = jse.Notice(h,"handler(neva)");

4:

ehs.Start(); // 処理を開始。

JavaScript からのハンドラ呼び出しは、次のとおりです。

1:

window.external.notice('some data');

この場合、引数のDataゲッターは、"some data" です。

注意

無し。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.