Home Cooker Classes Others Rice
Classes  >  jsexecutor
jsexecutor クラス

説明

JavaScriptを実行するための機能を表します。

注意

これはCookerに静的に含まれるクラスです。

変数宣言によって取得されたインスタンスは、すでに初期化されていることに注意してください。

fitter

シグネチャ説明
jsexecutor()

jsexecutorクラスの新しいインスタンスを取得します。

getter

シグネチャ説明
Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

TypeName

型名を取得します。

setter

このクラスにはセッターがありません。

method

シグネチャ説明
CallJSFunc(string,...)

JavaScript関数をその名前で呼び出します。

Execute(string)

引数で渡されたJavaScriptコードを実行します。

GetData()

window.externalオブジェクトから文字列を取得します。

SetData(string)

window.externalオブジェクトへ文字列を設定します。

SetJS(string,string)

現在のページに script タグを作成し、それに直接 JavaScript コードを挿入します。

SetSRC(string,string,string)

現在のページに script タグを作成し、JavaScript コードをロードするために src 属性を設定します。

JavaScript関数の直接呼出し

シグネチャ説明
...(...)

Riceのメソッド呼び出し表記を使用してJavaScript関数を呼び出します。

event

シグネチャ説明
Notice(class,string)

イベントハンドラを "Notice" イベントに割り当てます。

Copyright © Rice All rights reserved.