Home Cooker Classes Others Rice
Classes  >  jsexecutor  >  direct JavaScript function call
jsexecutor クラス : JavaScript関数の直接呼出し

説明

Riceのメソッド呼び出し表記を使用してJavaScript関数を呼び出します。

構文

jsexecutorInstance.JavaScriptFunctionName(appropriateArguments)

引数

JavaScript関数で必要な順序で引数を配置できます。 これらの引数は、int、long、real、string、またはboolクラスでなければなりません。

返り値

クラス説明
jsresultJavaScript関数からの戻り値。

サンプルコード

現在表示されているページに次のJavaScript関数があるとします。

1:

function square(number) {

2:

return number * number;

3:

}

直接JavaScript関数呼び出しで上記のJavaScript関数を呼び出してみます。

1:

jsexecutor jse = new jsexecutor();

2:

jsresult jsr = jse.square(5); // 返り値は、jsresultクラス。

3:

real rval = jsr.Result; // 実際の返り値は、realクラスで、その値は 25 です。

jsexecutor クラスには square(int) メソッドがありませんが、このメソッド呼び出しは成功します。

注意

Riceのメソッド呼び出し表記でJavaScript関数を呼び出すことができます。

JavaScript関数で必要な順序で引数を配置できます。 これらの引数は、int、long、real、string、またはboolクラスでなければなりません。


JavaScript関数からの戻り値が数値の場合は、返り値のクラスはrealになります。

JavaScript関数からの戻り値が文字列の場合は、返り値のクラスはstringになります。

JavaScript関数からの戻り値が真偽値の場合は、返り値のクラスはboolになります。

JavaScript関数からの戻り値が上記以外ならば、返り値のクラスはvoidになります。

Ver 2.0.2.0 で変更。

JavaScript関数からの返り値はjsresultクラスです。このクラスのResultゲッターの中に、実際の返り値が格納されています。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.