Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  window  >  PointToScreen(real,real)
window クラス : PointToScreen(real,real)メソッド

説明

クライアント座標をスクリーン座標に変換します。

構文

instance.PointToScreen(real x, real y)

引数

クラス名前説明
realxX 座標。
realyY 座標。

返り値

クラス説明
dictionary変換後の座標。

サンプルコード

1:

window w = new window();

2:

dictionary dic = w.PointToScreen(500, 500); // client (500, 500) -> screen.

3:

real x = dic.ScreenX;

4:

real y = dic.ScreenY;

注意

引数はウインドウのクライアント座標です。


返り値の dictionary は以下の key と value のペアを持ちます。

keyvalue(クラス)value(説明)
ScreenXrealスクリーン座標での X 座標。
ScreenYrealスクリーン座標での Y 座標。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.