Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Classes  >  window
window クラス

説明

アプリケーションウィンドウ自体を表します。

注意

Cooker に静的に組み込まれているクラスです。

変数宣言で得たインスタンスが初期化済みであることに注意してください。

フィッタ

シグネチャ説明
window()

windowクラスの新しいインスタンスを取得します。

ゲッタ

シグネチャ説明
ClientHeight

クライアント領域の高さを取得します。

ClientWidth

クライアント領域の幅を取得します。

Enabled

ウィンドウがユーザーインターフェースとして有効かどうかを示す値を取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

Focused

ウィンドウが入力フォーカスを持っているかどうかを示す値を取得します。

Height

ウィンドウの高さを取得します。

IsMaximized

ウィンドウが最大化されているかどうかを示す値を取得します。

IsMinimized

ウィンドウが最小化されているかどうかを示す値を取得します。

IsNormal

ウィンドウが通常の状態であるかどうかを示す値を取得します。

Left

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を取得します。

Top

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を取得します。

TopMost

ウィンドウが、常にデスクトップ画面の前景に表示されるかどうかを示す値を取得します。

TypeName

型名を取得します。

Width

ウィンドウの幅を取得します。

セッタ

シグネチャ説明
ClientHeight(int)

クライアント領域の高さを設定します。

ClientWidth(int)

クライアント領域の高さを設定します。

Enabled(bool)

ウィンドウがユーザーインターフェースとして有効かどうかを示す値を設定します。

Height(int)

ウィンドウの高さを設定します。

Left(int)

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を設定します。

Top(int)

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を設定します。

TopMost(bool)

ウィンドウが、常にデスクトップ画面の前景に表示されるかどうかを示す値を設定します。

Width(int)

ウィンドウの幅を設定します。

メソッド

シグネチャ説明
Activate()

ウィンドウをアクティブにし、そのウィンドウにフォーカスを移します。

Close()

ウィンドウを閉じます。

DoEvents()

メッセージ キューに現在あるWindowsメッセージをすべて処理します。

Hide()

ウィンドウを非表示にします。

PointToClient(int,int)

画面座標をウインドウ上のクライアント座標に変換します。

PointToScreen(int,int)

ウインドウ上のクライアント座標を画面座標に変換します。

Show()

ウィンドウを表示します。

Sleep(int)

指定されたミリ秒数の間、プログラムの実行を中断する。

ToMaximized()

ウインドウを最大化します。

ToMinimized()

ウインドウを最小化します。

ToNormal()

通常の状態にウィンドウを変更します。

イベント

シグネチャ説明
Activated(any,string)

ウィンドウのActivatedイベントに対するイベントハンドラを設定します。

Deactivate(any,string)

ウィンドウのDeactivateイベントに対するイベントハンドラを設定します。

FormClosed(any,string)

ウィンドウのFormClosedイベントに対するイベントハンドラを設定します。

FormClosing(any,string)

ウィンドウのFormClosingイベントに対するイベントハンドラを設定します。

LocationChanged(any,string)

ウィンドウのLocationChangedイベントに対するイベントハンドラを設定します。

SizeChanged(any,string)

ウィンドウのSizeChangedイベントに対するイベントハンドラを設定します。

Copyright © Rice All rights reserved.