Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  window
window クラス

説明

アプリケーションウィンドウを表します。

注意

Cookerに静的に含まれるクラスです。

変数宣言から返したインスタンスは、初期化されています。

インスタンスの生成要求に対してシングルトンインスタンスを返します。つまり、このクラスの変数は、同一のインスタンスを参照します。

fitter

シグネチャ説明
window()

window クラスの新しいインスタンスを返します。

getter

シグネチャ説明
CanResize

ウィンドウサイズが変更可能かどうかを示す値を返します。

Fitted

インスタンスが初期化されているかどうかを示す値を返します。

Height

ウィンドウの高さを返します。

IsMaximized

ウィンドウが最大化されているかどうかを示す値を返します。

IsMinimized

ウィンドウが最小化されているかどうかを示す値を返します。

IsNormal

ウィンドウが通常の状態かどうかを示す値を返します。

Left

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を返します。

Top

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を返します。

TopMost

ウィンドウが常に最前面に表示されるかどうかを示す値を返します。

TypeName

型名を返します。

Width

ウィンドウの幅を返します。

setter

シグネチャ説明
CanResize(bool)

ウィンドウサイズが変更可能かどうかを示す値を設定します。

Height(int)

ウィンドウの高さを設定します。

Height(real)

ウィンドウの高さを設定します。

Left(int)

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を設定します。

Left(real)

デスクトップ画面上のウィンドウの左端の位置を設定します。

Top(int)

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を設定します。

Top(real)

デスクトップ画面上のウィンドウの上端の位置を設定します。

TopMost(bool)

ウィンドウが常に最前面に表示されるかどうかを示す値を設定します。

Width(int)

ウィンドウの幅を設定します。

Width(real)

ウィンドウの幅を設定します。

method

シグネチャ説明
Activate()

ウィンドウをアクティブにします。

Close()

ウィンドウを閉じます。

Maximize()

ウィンドウを最大化します。

Minimize()

ウィンドウを最小化します。

Normalize()

ウィンドウを通常の状態にします。

PointFromScreen(real,real)

スクリーン座標をクライアント座標に変換します。

PointToScreen(real,real)

クライアント座標をスクリーン座標に変換します。

event

シグネチャ説明
Activated(class,string)

ハンドラを "Activated" イベントに割り当てます。

Closing(class,string)

ハンドラを "Closing" イベントに割り当てます。

Deactivated(class,string)

ハンドラを "Deactivated" イベントに割り当てます。

Copyright © Rice All rights reserved.