Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  timer
timer クラス

説明

一定間隔でメソッドを呼び出す機能を提供します。

注意

Cookerに静的に含まれるクラスです。

変数宣言によって返されたインスタンスは初期化されていません。

使い終わったインスタンスは Release() メソッドを呼び出して解放して下さい。

フィッタ

シグネチャ説明
timer()

timer クラスの新しいインスタンスを返します。

timer(class,string,int)

timer クラスの新しいインスタンスを返します。

ゲッタ

シグネチャ説明
ErrorMessages

前回のハンドラの実行で発生したエラーメッセージのリストを返します。

Fitted

インスタンスが初期化されているかどうかを示す値を返します。

Handler

タイマー処理をするユーザー定義クラスのインスタンスを返します。

Interval

タイマーの実行間隔を返します。

IsEnabled

タイマー処理が実行中かどうかを示す値を返します。

IsError

ハンドラの前回の実行で例外が発生したかどうかを示す値を返します。

ShowException

エラーメッセージを表示するかどうかを示す値を返します。

Signature

ハンドラのシグネチャを返します。

StopWithException

タイマー処理を停止するかどうかを示す値を返します。

TypeName

クラス名を返します。

セッタ

シグネチャ説明
Handler(anyclass)

タイマー処理をするユーザー定義クラスのインスタンスを設定します。

Interval(int)

タイマーの実行間隔を設定します。

ShowException(bool)

エラーメッセージを表示するかどうかを示す値を設定します。

Signature(string)

ハンドラのシグネチャを設定します。

StopWithException(bool)

タイマー処理を停止するかどうかを示す値を設定します。

メソッド

シグネチャ説明
OneShot()

タイマー処理を開始します。

Release()

アンマネージリソースを解放します。

Start()

タイマー処理を開始します。

Stop()

タイマー処理を停止します。

Copyright © Rice All rights reserved.