Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  jsexecutor  >  SetJSFromFile(string,string)
jsexecutor クラス : SetJSFromFile(string,string)メソッド

説明

script タグを作成し、JavaScript コードを挿入します。

構文

instance.SetJSFromFile(string path, string id)

引数

クラス名前説明
stringpathJavaScript ファイルのパス。
stringidid 属性。

返り値

無し。

サンプルコード

1:

window w;

2:

jsexecutor jse = w.CurrentJSExecutor;

3:

jse.SetJSFromFile("c:\appropriate\path\sample.js", "smple"); // It creates a script tag has JS code and id.

"c:\appropriate\path\sample.js"が以下の様な JavaScriopt コードを持つとします。

1:

function hello(){

2:

alert('hello world!');

3:

}

以下の様な script タグが body タグに追加されます。

1:

<script id="sample">

2:

function hello(){

3:

alert('hello world!');

4:

}

5:

</script>

注意

第一引数のファイルから JavaScript コードを読み込んで script タグに書き出します。

ファイルが空ファイルの場合は例外(RtypeException)が発生します。

ファイルが存在しない場合は例外(UnknownException)が発生します。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.