Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  jsexecutor  >  CallJSFunction(string,...)
jsexecutor クラス : CallJSFunction(string,...) メソッド

説明

JavaScript関数を呼び出します。

構文

instance.CallJSFunction(string funcName, ...)

引数

クラス名前説明
stringfuncNameJavaScript関数名。
...JavaScript関数に渡される引数。

返り値

クラス説明
stringJavaScript関数からの返り値。

サンプルコード

現在のページに次のJavaScript関数があるとします。

1:

function square(number) {

2:

return number * number;

3:

}

CallJSFunction(string,...) メソッドの使用法は次のとおりです。

1:

window w;

2:

jsexecutor jse = w.CurrentJSExecutor;

3:

string funcName = "square";

4:

string result = jse.CallJSFunction(funcName, 5); // The result is '25'.

注意

第一引数は、JavaScript関数名のみを指定する必要があります。 上記の場合は "square" です。

第二引数以降にJavaScript関数で必要な引数を配置します。

引数は、int、long、real、string、またはboolクラスでなければなりません。これら以外のクラスが指定された場合は例外(RtypeException)が発生します。

引数の数に制限はありません。 JavaScript関数で必要な順序で引数を配置できます。


返り値が string であることに注意してください。

結果が数値の時は、数値が文字列として戻ります。例 : 1 -> '1' / 1.05 -> '1.05'

結果が真偽値の時は、値が文字列として戻ります。例 : true -> 'true' / false -> 'false'

結果が文字列の時は、文字列がダブルクォートで囲まれて戻ります。例 : 'Returned string' -> '"Returned string"'

結果が null、undefined、配列、オブジェクト、関数オブジェクト、または評価不能の時は、文字列 'null' が戻ります。

実行の結果として例外が発生した場合も、null が返されます。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.