Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Classes  >  element  >  InsertAdjacentElement(string,element)
element クラス : InsertAdjacentElement(string,element) メソッド

説明

指定された位置にエレメントを挿入します。

構文

elementInstance.InsertAdjacentElement(string where, element targetElement)

引数

クラス名前説明
stringwhere挿入する位置を示す文字列。
elementtargetElement挿入するエレメント。

返り値

クラス説明
element挿入した要素。

サンプルコード

//anyElementとtargetelementは任意のelement型のインスタンス.

string where = "afterBegin"

element inserted = anyElement.InsertAdjacentElement(where, targetelement);

注意

MSHTML.IHTMLElement2.insertAdjacentElement(String,IHTMLElement)のラッパーです。

第一引数として以下の値を指定することができます。

beforeBegin: 呼び出し元の要素の直前の兄弟。

afterBegin: 呼び出し元の要素の最初の子供。

beforeEnd: 呼び出し元の要素の最後の子供。

afterEnd: 呼び出し元の要素の直後の兄弟。

第二引数に子供がある場合は、一緒に移動します。

参照リンク

Copyright © Rice All rights reserved.