Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Classes  >  element
element クラス

説明

DOM エレメントを表します。

注意

Cooker に静的に組み込まれているクラスです。

フィッタ

シグネチャ説明
element()

elementクラスの新しいインスタンスを取得します。

ゲッタ

シグネチャ説明
AccessKey

エレメントのアクセスキーを取得します。

All

エレメントに含まれる全てのエレメントのリストを取得します。

CanHaveChildren

エレメントが文字列を持つことができるかどうかを示す値を取得します。

CanHaveHTML

エレメントにエレメントを含めることが可能であるかどうかを示す値を取得します。

Children

エレメントに含まれる直接の子エレメントのリストを取得します。

ClassName

エレメントのクラス属性の値を取得します。。

ClientHeight

ピクセル単位で、エレメントの高さを取得します。

ClientLeft

ピクセル単位で、エレメントの左枠線の幅を取得します。

ClientTop

ピクセル単位で、エレメントの上枠線の幅を取得します。

ClientWidth

ピクセル単位で、エレメントの幅を取得します。

ContentEditable

ユーザーがエレメントの内容を編集できるかどうかを示す文字列を取得します。

Dir

読み上げ順序の方向を示す値を取得します。

Disabled

ユーザーがエレメントと対話できるかどうかを示す値を取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

HaveChild

エレメントが子エレメントを持っているかどうかを示す値を取得します。

HideFocus

フォーカス矩形が描画されるかどうかを示す値を取得します。

Id

エレメントのid属性の値を取得します。

InflateBlock

空のエレメントがテキストを含むエレメントとしてレンダリングされるかどうかを示す値を取得します。

InnerHTML

エレメントの開始タグと終了タグの間のHTMLを取得します。

InnerText

エレメントの開始タグと終了タグの間のテキストを取得します。

IsContentEditable

ユーザーがエレメントの内容を編集できるかどうかを示す値を取得します。

IsDisabled

ユーザーがエレメントと対話できるかどうかを示す値を取得します。

IsMultiLine

エレメントの内容が複数の行を含むかどうかを示す値を取得します。

IsTextEdit

TextRangeオブジェクトを、このエレメントを使用して作成することが可能かどうかを示す値を取得します。

OffsetHeight

エレメントの高さを取得します。

OffsetLeft

offsetParentプロパティのエレメントからの水平オフセットを取得します。

OffsetTop

offsetParentプロパティのエレメントからの垂直オフセットを取得します。

OffsetWidth

エレメントの幅を取得します。

OuterHTML

エレメントの全てのHTMLを取得します。

OuterText

エレメントのテキストを取得します。

Parent

element:エレメント階層内の親エレメントを取得します。

ScrollHeight

エレメントのスクロールビューの高さを取得します。

ScrollLeft

水平方向のスクロールビューのスクロール距離を取得します。

ScrollTop

垂直方向のスクロールビューのスクロール距離を取得します。

ScrollWidth

エレメントのスクロールビューの幅を取得します。

SourceIndex

エレメントの順序位置を取得します。

Style

style型のインスタンスを取得します。

TabIndex

エレメントのタブ順序を定義するインデックスを取得します。

TagName

エレメントのタグ名を取得します。

Title

title属性の値を取得します。

TypeName

型名を取得します。

セッタ

シグネチャ説明
AccessKey(string)

エレメントのアクセスキーを設定します。

ClassName(string)

エレメントのクラス属性の値を設定します。。

ContentEditable(string)

ユーザーがエレメントの内容を編集できるかどうかを示す文字列を設定します。

Dir(string)

読み上げ順序の方向を示す値を設定します。

Disabled(bool)

ユーザーがエレメントと対話できるかどうかを示す値を設定します。

HideFocus(bool)

フォーカス矩形が描画されるかどうかを示す値を設定します。

Id(string)

エレメントのid属性の値を設定します。

InflateBlock(bool)

空のエレメントがテキストを含むエレメントとしてレンダリングされるかどうかを示す値を設定します。

InnerHTML(string)

エレメントの開始タグと終了タグの間のHTMLを設定します。

InnerText(string)

エレメントの開始タグと終了タグの間のテキストを設定します。

OuterHTML(string)

エレメントのHTMLを設定します。

OuterText(string)

テキストを設定します。

TabIndex(int)

エレメントのタブ順序を定義するインデックスを設定します。

Title(string)

title属性の値を設定します。

メソッド

シグネチャ説明
AppendChild(element)

エレメントの最後の子としてエレメントを追加します。

ApplyElement(element,string)

エレメントを他のエレメントの子か親かにします。

Blur()

エレメントからフォーカスを外します。

ClearAttributes()

エレメントからすべての属性と値を削除します。

Click()

クリックをシミュレートします。

ComponentFromPoint(int,int)

指定された座標にあるコンポーネントを返します。

Contains(element)

指定されたエレメントが、呼び出し元のエレメント内に含まれているかどうかを示す値を取得します。

FireEvent(string)

エレメントに指定されたイベントを発生させます。

Focus()

可能な場合は、呼び出し元のエレメントがフォーカスを取得します。

GetAdjacentText(string)

指定された位置にあるテキスト文字列を返します。

GetAttribute(string)

指定された属性の値を取得します。

GetElementById(string)

指定されたid属性を持っている子孫エレメントを取得します。

GetElementsByAttribute(string)

指定された属性を持っている子孫エレメントのリストを取得します。

GetElementsByAttribute(string,string)

指定された属性と値を持つ子孫のエレメントのリストを取得します。

GetElementsByClassName(string)

指定されたclass属性を持つ子孫のエレメントのリストを取得します。

GetElementsByName(string)

指定されたname属性を持つ子孫のエレメントのリストを取得します。

GetElementsByTagName(string)

指定されたエレメント名を持つ子孫のエレメントのリストを取得します。

HasAttribute(string)

指定された属性が存在するかどうかを示す値を取得します。

HasAttributes()

1つ以上の属性が存在するかどうかを示す値を取得します。

InsertAdjacentElement(string,element)

指定された位置にエレメントを挿入します。

InsertAdjacentHTML(string,string)

指定された位置にHTMLを挿入します。

InsertAdjacentText(string,string)

指定された位置にテキストを挿入します。

InsertBefore(element,element)

指定された子の前にエレメントを挿入します。

InsertChild(element,int)

インデックスで指定された位置にエレメントを挿入します。

IsEqual(element)

2つのエレメントが等しいかどうかを判定します。

MergeAttributes(element)

2つのエレメントの属性をマージして、呼び出し元のエレメントに書き込みます。

Remove()

ドキュメント階層からエレメントを削除します。

Remove(bool)

ドキュメント階層からエレメントを削除します。

RemoveAttribute(string)

エレメントから指定された属性を削除します。

RemoveChild(element)

呼び出し元から子エレメントを削除します。

RemoveChild(int)

呼び出し元から指定された位置の子エレメントを削除します。

RemoveChildren(int)

指定された位置以降の子エレメントを削除します。

RemoveChildren(int,int)

指定された位置から指定された数の子エレメントを削除します。

Replace(element)

呼び出し元を別のエレメントで置き換えます。

ReplaceAdjacentText(string,string)

指定された位置のテキストを置き換えます。

ReplaceChild(element,element)

新しいエレメントで既存の子エレメントを置き換えます。

ScrollIntoView()

エレメントの上部がウィンドウの上部に表示されるようにエレメントをスクロールします。

ScrollIntoView(bool)

エレメントが指定された位置に表示されるように、ウインドウをスクロールします。

SetActive()

フォーカスを設定せずにエレメントをアクティブにします。

SetAttribute(string,string)

指定された属性の値を設定します。

Swap(element)

ドキュメント階層内の2つのエレメントの位置を入れ替えます。

イベント

シグネチャ説明
Click(any,string)

エレメントのClickイベントに対するイベントハンドラを設定します。

DoubleClick(any,string)

エレメントのDoubleClickイベントに対するイベントハンドラを設定します。

Focusing(any,string)

エレメントのFocusingイベントに対するイベントハンドラを設定します。

GotFocus(any,string)

エレメントのGotFocusイベントに対するイベントハンドラを設定します。

KeyDown(any,string)

エレメントのKeyDownイベントに対するイベントハンドラを設定します。

KeyPress(any,string)

エレメントのKeyPressイベントに対するイベントハンドラを設定します。

KeyUp(any,string)

エレメントのKeyUpイベントに対するイベントハンドラを設定します。

LosingFocus(any,string)

エレメントのLosingFocusイベントに対するイベントハンドラを設定します。

LostFocus(any,string)

エレメントのLostFocusイベントに対するイベントハンドラを設定します。

MouseDown(any,string)

エレメントのMouseDownイベントに対するイベントハンドラを設定します。

MouseEnter(any,string)

エレメントのMouseEnterイベントに対するイベントハンドラを設定します。

MouseLeave(any,string)

エレメントのMouseLeaveイベントに対するイベントハンドラを設定します。

MouseMove(any,string)

エレメントのMouseMoveイベントに対するイベントハンドラを設定します。

MouseOver(any,string)

エレメントのMouseOverイベントに対するイベントハンドラを設定します。

MouseUp(any,string)

エレメントのMouseUpイベントに対するイベントハンドラを設定します。

Copyright © Rice All rights reserved.