Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Classes  >  document
document クラス

説明

ユーザインタフェースのためのブラウザの DOM ドキュメントを表します。

注意

Cooker に静的に組み込まれているクラスです。

変数宣言で得たインスタンスが初期化済みであることに注意してください。

フィッタ

シグネチャ説明
document()

documentクラスの新しいインスタンスを取得します。

ゲッタ

シグネチャ説明
ActiveElement

ドキュメントにフォーカスがあるときにフォーカスを持つ要素を取得します。

Body

<body>エレメントを取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

Head

<head>エレメントを取得します。

TypeName

型名を取得します。

セッタ

このクラスは、セッタを持ちません。

メソッド

シグネチャ説明
CreateElement(string)

指定されたタグに対応するエレメント型のインスタンスを作成します。

ElementFromPoint(int,int)

指定された座標上のエレメントを返します。

GetElementById(string)

指定したid属性を持つ要素を返します。

GetElementsByAttribute(string)

指定された属性を持つエレメントのリストを返します。

GetElementsByAttribute(string,string)

指定された属性と値を持つエレメントのリストを返します。

GetElementsByClassName(string)

指定されたclass属性を持つエレメントのリストを返します。

GetElementsByName(string)

指定されたname属性を持つエレメントのリストを返します。

GetElementsByTagName(string)

指定されたエレメント名を持つエレメントのリストを返します。

InvokeJS(string)

現在のドキュメントに読み込まれている、引数無しのjavascript関数を実行します。

PushCss(string)

指定されたCSSコードを持っているstyleエレメントを追加します。

PushJS(string)

指定されたjavascriptコードを持っているscriptエレメントを追加します。

Copyright © Rice All rights reserved.