Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  command  >  Scalar()
command クラス : Scalar()メソッド

説明

SQL文を実行します。

構文

instance.Scalar()

引数

無し。

返り値

クラス説明
string結果セットの最初の行の最初の列の値。

サンプルコード

1:

connection cnn = new connection("Data Source=c:\somedirectory\somedatabase.sqlite3;Version=3;");

2:

cnn.Open();

3:

// It makes sure of existence of the "sometable".

4:

command cmm = new command("select count(*) from sqlite_master where type='table' and name='sometable';", cnn);

5:

// If it exists, return 1 in string. Otherwise, return 0 in string.

6:

string numStr = cmm.Scalar();

7:

cmm.Release();

8:

cnn.Close();

9:

cnn.Release();

注意

返り値が string であることに注意してください。

結果が数値の時は、数値が文字列として戻ります。例 : 1 -> '1' / 1.05 -> '1.05'

結果が文字列の時は、文字列がダブルクォートで囲まれて戻ります。例 : 'Returned string' -> '"Returned string"'

結果がnullの時や評価不能の時は、文字列 'null' が戻ります。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.