Home Cooker Classes Others Rice CookerGX
Classes  >  browser
browser クラス

説明

ユーザインターフェースとして用いられるブラウザを表します。

注意

Cooker に静的に組み込まれているクラスです。

変数宣言で得たインスタンスが初期化済みであることに注意してください。

フィッタ

シグネチャ説明
browser()

browserクラスの新しいインスタンスを取得します。

ゲッタ

シグネチャ説明
Enabled

ブラウザがユーザーインターフェースとして有効かどうかを示す値を取得します。

Fitted

このインスタンスが既に初期化されているかどうかを示す値を取得します。

Focused

ブラウザが入力フォーカスを持っているかどうかを示す値を取得します。

Height

ブラウザの高さ(ピクセル単位)を返す。

IsIMEEnabled

ブラウザ上でIMEが有効かどうかを示す値を取得します。

TypeName

型名を取得します。

Width

ブラウザの幅(ピクセル単位)を返す。

セッタ

シグネチャ説明
Enabled(bool)

ブラウザがユーザーインターフェースとして有効かどうかを示す値を設定します。

IsIMEEnabled(bool)

ブラウザ上でIMEが有効かどうかを示す値を設定します。

メソッド

シグネチャ説明
Focus()

ブラウザに入力フォーカスを設定することを試みます。

PointToClient(int,int)

画面座標をブラウザ上のクライアント座標に変換します。

PointToScreen(int,int)

ブラウザ上のクライアント座標を画面座標に変換します。

ScrollBy(int,int)

ピクセル単位で指定されているブラウザの現在のスクロール位置からのオフセットへブラウザをスクロールします。

ScrollTo(int,int)

ピクセル単位で指定されているブラウザの左上隅からのオフセットにブラウザをスクロールします。

Copyright © Rice All rights reserved.