Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  application  >  HtmlsDirectory
application クラス : HtmlsDirectory ゲッタ

説明

ローカルHtmlファイルマッピング用のディレクトリのパスを返します。

構文

instance.HtmlsDirectory

引数

無し。

返り値

クラス説明
stringディレクトリのパス。

サンプルコード

1:

application app;

2:

string path = app.HtmlsDirectory;

注意

Cookerの実行ディレクトリのhtmlsサブディレクトリがドメイン"htmls.cooker"にマッピングされています。

htmlsディレクトリ以下にあるローカルHtmlファイルをhttps/httpプロトコルで読み込めます。

https://htmls.cooker/...

http://htmls.cooker/...

マッピングされたローカルHtmlファイルはクロスオリジンリソースシェアリング(CORS)チェックの対象となるアクセスを含め、すべてのクロスオリジンリソースアクセスが許可されます。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.