Home News DOC Class DL Others Rice
Class  >  application  >  ExeDirectory
application クラス : ExeDirectory ゲッタ

説明

アプリケーションの実行ファイルが存在するディレクトリのパスを返します。

構文

instance.ExeDirectory

引数

無し。

返り値

クラス説明
stringディレクトリのパス。

サンプルコード

1:

application app;

2:

string path = app.ExeDirectory;

注意

アプリケーションの起動方法によって CurrentDirectory ゲッタと ExeDirectory ゲッタの値が異なる場合があるので注意してください。

参照リンク

無し。

Copyright © Rice All rights reserved.